photo:01
ものすごく光栄なことに、
佐藤菜生 の少女地獄(原作は夢野久作)がベルギーに来ました~~!!

出産のお祝いとのことでご本人様から送って頂き・・・・・(;´༎ຶД༎ຶ`)

すごくお手間だったと思うのですが届いてすごく感動です。

あああああ、
まじで感動です。

かんど~~~~!!

photo:02
赤子と少女地獄。

いいカンジー!!

内容はすでに電脳マヴォ にて読まさせて頂いているので、知っているのですが、
やはり本という体裁になると重みがあって、いいですね~。
表紙の絵の黒さが好きです~。絵が美しいです~!!
やはり少女・・・とタイトルがつく作品だけに、佐藤菜生さんの美しい少女マンガタッチの世界観がすごく合っていて、編集家竹熊さんのプロディース能力ってまじでハンパ無いんやな~改めて感じました。

photo:04

少女地獄の他にも佐藤菜生さんの著書
「手のはなし」「こころと体」の二冊が入っており、電脳マヴォに入っていないお話もあり楽しんで読みました。

ちょうど、どの本にも「母」だったり「妊娠」のエピソードが入っていて、
出産のお祝いとしておくって頂いたことに不思議なものを感じます。

特に「大地」という作品は「母は大きい」がテーマ(?)なカンジで、
そういえば、私も昔小さかった頃はオカンが巨大やったなぁ~。今はおいらがデカいんやろな~こどもらにとって。
とか色々思いました。

「手のはなし」は
きゃー!手フェチー!!と思いました。
主人公のお兄さんは手しか出てこないのですが、その手が語りまくりで。
「実写化するためにはかなり演技力が必要な役どころやでしかし!!」とも思いました。


ああああ、でもやはり見所は「殺人リレー」の新高さんの「ナポレオンのような顔」ですかね。。。。

ナポレオン。。。

ナポレオンやでぇええええ。。。。


ぶっちゃけ、こんな感じ やでえええ。。。。

それを見事に少女マンガタッチに昇華され、かっこ良くかつ残忍な感じに描かれた新高さんの顔は必見やでえええ。。。。

読んでみてない人は是非読んでみてくだせえ~~~!!!







さてさて、最近貧血や低血圧や寝不足で頭がラリっていて、うまく文章が打てない自信がありまくりだったのですが、このことは出来るだけはやくブログに書きたく思い、アップしました~。

日本語がおかしくても許してくだせえ。

今日も長女が熱を出したりしてバタバタ。
いろいろブログにしたいネタはたくさんあるのに口惜しや~~~。

しかし、あんまり焦らないよう、イライラしすぎないよう、日々をこなしてゆきます。
photo:03
とりあえず、この貴重な三冊を
こども達に破壊されないようにしなければ。。。


更新の励みになります!応援クリックよろしくお願いしますヾ( ´ー`)
ニガオエ☆ファミリー!! にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ