まいどおおきにさとえみことフランダースのオカンです。 

*********** 

このブログは大阪人で似顔絵師のさとえみが 国際結婚&ベルギー移住して三姉妹を産み育てる、笑いと涙の育児日記ブログである! 

***********

 

まずはお知らせです

 
コノビーさんの最新記事が公開される予定です!

ひさびさの更新で、内容は夫婦のイチャイチャ系です。
(どこにそんな需要が!とは思うのですが、編集さんがオッケーしてくれたのでオッケーやと思う!) 

こちら

です。どうぞよろしくお願いします。

o(_ _*)o


では本編をどうぞ!



***



今回はこちらの続きです↓



告白しよう…

4C2F4119-F3E2-49D5-B75A-2E60E85531BB

長女の話を聞いて

「な〜んだそんなことか!」

と思っちゃったことを…









というのも、

なまじ経験があるからなんすよね…。

592B0B0D-183E-4C47-839F-0D22449C79D1

私の実父はお風呂上がりにはほとんどモロ出しで出て来るような人間やったし、

大阪も市内に出ると頭が陽気な人がたくさんいてよくご開帳してたし、

そもそもところ構わずたち小便をする紳士が普通におったんや…。




なので、長女が今まで異性の性器を見たことがないことに驚いたし、

むしろ知識になったんやからいいんやない?とか

「逆に日本の方が性教育学的に先進的じゃね?」とまで思ってしまっていて…!





この時、恐ろしいと思ったよ。


それが普通やと思っていた自分に…。

77A97D4D-5468-44F2-9D1D-4F985B4DA952

でもよくよく考えたら「怒鳴る」とか「ケンカをしているところを見せる」のも虐待であるベルギーでは「(たとえ家族でも)性器を見せること」は虐待にあたるであろうことは想像がつくし、

いわんや家族以外ではたとえ小学校一年生の男子の性器だったとしても禁止されるべきことで、全然「そんなこと」ではなかった…!


逆に…

何故…

娘に言われるまで…

気づかなかったのか…!


うわあああああああああああああああああ

ってなりました…


40668915-4EEF-496C-AE2C-918B97560E5C

(異性の性器について知ることを含めて)性教育としての知識をつけること、

それ自体は不可逆なことであり、

それを知りたいと思っていないのにも関わらず教える(見せる)ことに慎重になるべきやと思ったきっかけにもなりました…。




いや〜長女先生にはとても大事なことを教えていただいているな。

オカンももっと勉強せなアカン。





 つづく!




このテーマのまとめページはこちら







今までのコノビー記事はこちらから一覧で見れます。

 


ほなまたね