まいどおおきにさとえみことフランダースのオカンです。 

*********** 

このブログは大阪人で似顔絵師のさとえみが 国際結婚&ベルギー移住して三姉妹を産み育てる、笑いと涙の育児日記ブログである! 

***********


今回はちょっと多言語っぽい話題です。

 
D492E968-2463-43B8-9C42-E119710E4C24

前回の記事にニートという言葉を使話なかったのにはワケがありまして。


C755F46A-25DE-4648-AB54-377B43BDB057



オランダ語話者に「ニート」っていうとややこしいっていうのがあるからなんよね…。

つづりは違うけど会話の中では見分けがつかないし

発音もちょっとは違うとは思うんやけどNEETの方のニートの正しい発音を知っているわけではないし。


ベルギーの失業率は日本よりもかなり多いから社会的に問題ではあるとは思うけど「ニート」って呼び方してるところを一度も聞いたことがないので無職(No job people とか Workless とか Unemployment の言い方をしました※オカンは英語も曖昧なのでこれも正しい英語ではないです)

EF989A5E-B8C1-4106-B138-2B23005CAC47

オランダ語で私はIk(イク)と言います。

これも「行く」に聞こえて脳がバグるんやけど、

それを乗り越えてもまた、「ニート」が待っている時があって…

9489B5BC-2CD0-47FA-9E56-FA501012903F

多分この言語のラビリンスに一生迷い込んだまま出られへんねんやろなって思っています。


その分ずっと一生こういうので面白がれるやろから楽しみでもあります。 



以上、多言語的小ネタでした。(°∀°)b

ほなまたね










オランダ語に関する本が去年二冊も出てたみたいで、
ちょっと嬉しくてシェア。



 
オカンはもうベルギーに来たばかりの頃のようにはオランダ語を習う気がないんやけど、誰かの参考になれば幸いです。