まいど!今日は
三女のトイレトレーニングのつづきやで…。
前回の記事をみて「なんや日本と深刻度が違うみたい」と感じた方も多いでしょう…。

そう、ベルギーの幼稚園はだいたいが「オムツが外れていること」を厳格に義務付けています。ワシら夫婦はそれに怯えていたんです。

チャートフロー
ベルギーはたいがいが共働きの夫婦なので保育園に子供を行かせ、保育園でしっかりトイレトレーニングをしてくれるので心配している人は少ない…。

しかし、ウチは何故か旦那ハーンの方針で保育園には行かせなかった。

つまりウチだけでトイレトレーニングを完遂せねばならず戦々恐々としていた!





しかし、ベルギーは子育てがけっこうゆるめの地域でもある…(たぶんドイツほどではない)。甘やかされている子どもやそもそも排泄機能の発達はバラバラ。
多少の失敗はオムツ外れている子でもやるはずなので、


どこまでの失敗なら多めに見てくれるのか、それとなく探りを入れた時がありまして!
{F6BF0D48-0793-49F9-BFA0-CDC466BBFD0A:01}

{ED6DD558-1515-4D0C-B75C-8A7651CC4800:01}

{12DC64FC-5D15-49A1-A787-A1FCA13AD76F:01}

{F4C9CAA8-355C-4675-A9FF-09B9EBC57D5B:01}
戦々恐々となったよね…!

そうか園側が入園を拒否…できるのかー!

この時の記憶が今も頭の中にこびりついて離れないのでありますよ…。

あの時の先生の顔…トイレトレガンバレ…!のテロップ付きでしか再生されない!