まいどおおきにさとえみことフランダースのオカンです。 

*********** 

このブログは大阪人で似顔絵師のさとえみが 国際結婚&ベルギー移住して三姉妹を産み育てる、笑いと涙の育児日記ブログである! 

***********

さてさて…、いつもは長期の休みとかになると日本語の勉強をここぞとばかりにやるのが我が家の定番やったんやけど、


日を追うごとに教材の量とか進行具合とか教材と子ども本人との相性とかでどんどんムラが出来てきてちょっとしんどい的な現状報告です。

44F8AE06-5F0C-447F-A1CD-9CEFCBDDE48C

教材に関してはこちらのツイートが魂こもっててすごいってなりました。
(コメント欄でも教えてくださってありがとうございました。参考になりました)


あと今は文科省のサイトがそれらをまとめていて、



なんかめっちゃいっぱいある…

ってなりますよね。


でも教材があったら全てオールOKになるというわけではないというのが今回の学び。

B1906D2D-E88D-4C60-A474-3A29DE41AC2B

長女用の教材ははっきり言って多すぎ…

去年のやり残した教材を発見して喜んだのも束の間、ちょっとやそっとでは終わりそうにない&他の事もさせてあげたいって事で、教材の山は依然と大きいまま。ビジュアル的に「負荷」となっている。
    

C35C549D-8B57-4C77-BBA0-92FE544D9907

次女の教材は比較的紙が少ないのでビジュアル的にちょうどいい感じ。

しかし見ていないとすぐに算数をやろうとしたり、カタカナがパッと読めなかったりする瞬間があって「あ〜、それな」ってなる。(どれやねん)

幸いチャレンジパッドを申し込んでおり、算数の問題を読み上げてくれたりするので日本語の聞き取りとしてはゼロでもないんやけど、いかんせん本人も読むことに苦手意識があるので内容的にはあんまり安心できてない…。


でも一番の悩みどころは三女でして。

 7B37475F-5C49-47E3-A9C0-0F9425FEDC84

彼女の分だけ、何故か常に教材が足りない。

プリントを刷っても吸っても秒で終わらせるので紙の無駄になるしアプリをやらせても簡単なのはすぐにやる事がなくなる。

お手伝いといい、やる気がありすぎてオカンが用意しきれない。








 これ…3人とも同じタイミングで同じ時間の長さで勉強させてたらあかんヤツ。

 毎日ご飯のことを考えるだけで1日がすごく速く通り過ぎる系のオカンにはとてもしんどい…ねんけど、ちょっとこの文章を書いているうちにどうしたらいいかちょっと分かってきた気がする!

 心を鬼にして「お家教育改革」を断行するわ!

スピード感をもって、やるべき事をやるわ!





 
ちょっとまだ上手くいくか分かりませんが💦

ここまで長期化するとちゃんとした計画表とかやっぱり必要ですね。






やるだけやってみますわ。

しんどいのは変わらないかもしれんけど…! 

ほなまたね。 



<こっちも読んでネ>
↓↓↓