まいどおおきにさとえみことフランダースのオカンです。 

*********** 

このブログは大阪人で似顔絵師のさとえみが 国際結婚&ベルギー移住して三姉妹を産み育てる、笑いと涙の育児日記ブログである! 

***********


今回も新型ウィルスの話題です。

出来るだけ明るくかいてるつもりですが、気にしちゃう人はUターンでお願いします。






わ〜〜〜〜〜!!!



オカン、ついに…


IMG_0083

語彙力がなくなりました。😂






イタリー!

全国封鎖てー!

ヤバヤバのヤバすぎやーん!!!!!
(語彙力…)


どないしたーん!!??

いや、どうしてこういう事態になったかは実際イタリアの人の方が知りたいくらいの状況やと思うのでここでは割愛しますが。





イタリアの感染者数に呼応するかのようにフランスドイツの感染者もどんどん増えていっています。


IMG_0084

それはお互いがお互いに人気の国やから、

フランス&ドイツから北イタリアに行く人も多ければ

北イタリアの人がそちらに観光するというパターンも多いため。

(パリとかは季節関係なく世界中から観光客が来ますけど、

それには同じEUの観光国であるイタリアも含まれます。)

※ちょうどイタリアで感染者が爆発的な時、ベルギーとフランスは1週間ほどの学校休みがあったので家族で旅行するというアイディアはごく一般的やったと思います。

IMG_0085

ベルギーが今の所感染者が少ないのは…

武漢に関する感染者は厳しくコントロール下に置いたのと、

北イタリアからのベルギー観光客が少なかったからとオカンはにらんでおり、


IMG_0086

EUの本部がありながら観光的にはマイナーな国であることを今回ばかりはありがたく感じています。

日本からチョコレート目当てに来る人も多いんやけど、

ちょうど2月14日にあわせて沢山ベルギーのパティシエさんが日本に行っていた時期のすぐ後のタイミングやったんで、

相対的にアジアからの人の出入りは少ない時期。

こういうのって本当に運の問題なんやと思います。






******



しかしそんなベルギーですが…


IMG_0087

数は爆発的ではないものの、増えてきています。

IMG_0088

誤解しないでいただきたいのは、

ベルギーの対策はほとんど理想的ということです。


いまだに死者がいないことは、

ベルギーが誇る高度医療のたまものだと思っています。


だがしかし、なんよね…。

IMG_0089

どれだけ遠くても、

イタリアとベルギーは地続きなので…

車での移動も可能。





どちらかといえばイタリア国内でも自由に動きたいという理由から車移動の人は少なくないんよね…。


IMG_0090

3日くらいかけて、途中の国に泊まるなどして(つまり何度も国境を超えるので補足しづらいし国境で検疫してない可能性が大)イタリアに行って、そのまま帰ってきている人も多数いるということ。





このような事態になった以上、

EUでの感染はもう止められないです。




ただ、こういう事態になっても出来ることは手洗いうがいとたっぷりの睡眠と食事です。

いつもの冬の季節にすることは一緒です。

パニックにならないためにも、生活の基本だけは忘れずにしっかりしたいものですね。







最後に、外務省の方々によるメール連絡(たびレジ)に感謝したいと思います。

基本的に在留届を出すと自動的に登録してもらえるサービスですが、

ただ旅行しているだけの人も登録は出来ますので、

ぜひ登録してみてくださいね。




(サムネがゴルゴw)


ほなまたね