先日の「ぽっくぽーん」で改めて多言語育児について書きたいと思いまして…
今までのおさらいというかまとめです。

2017-09-05-21-45-17


基本的にフランダースの三姉妹は

パパラッシュ&学校=オランダ語

オカン&アニメの半分=日本語

両親の会話&アニメの半分=英語

という環境で過ごしています。


割合でいうとオランダ語:日本語:英語=6:3:1という感じでしょうか?

(ごめんさっきまで7:3:1とかおかしな比率書いてた😭)




で、長女がいま現在8歳なのですが、

オランダ語=ネイティブ
(現地学校の授業にも全く問題無し、クラスの上位の成績)

日本語=意思疎通可能
(オカンとは完全に日本語で話します)

英語=喋れないけれど何を言っているか分かる

というレベルになってきています。



次女6歳は生来舌ったらずなところがあるので、

オランダ語・日本語ともに少し難あり状態。
(しかし現地学校の授業にはついていけている。むしろ優秀な方らしいです)

アニメは英語でも見るけれど、絵を見て理解している部分が多そうな印象です。




三女4歳は、まだ幼少ということもあり今判断するのは早計な気もしますが、

オランダ語・日本語ともに要点は外さずに言えているし、
忘れている語彙があっても他の単語で言い換えるなど、記憶は完璧でなくても理解はできているなと感じています。

ただ、英語のアニメや込み入った話は理解できないようなので、たまに自分だけ幼児用のアニメを日本語かオランダ語で見ることもあります。





…とだいたいこんな感じかな…。



********


ベルギーはオランダ語とフランス語が公用語、そして英語も実質公用化しつつある多言語国家。

パパラッシュも5ヶ国語を話します。

複数言語を操ることはこの国では「常識」なのです。

(とんでもねえとこに来ちまったなぁ…😭)





いろいろ悩みつつも…この多言語国家での育児を頑張りたいと思っています。


育児は常に手探り!やもんね!

応援クリックお願いします↓

2017-09-05-21-50-12


⭐️HPですよろしくお願いします⭐️
image