ダッドウェイさんが発行するフリーマガジン「dacco me」にて「驚きに満ちたベルギーギフト事情」にてコラムを書かせていただきました!
頂いた見本誌は素敵な写真とかわいい赤ちゃんグッズであふれていて、とても幸せな気持ちになりました。
2016-12-31-09-09-23


ダッドウェイさんと言えばエルゴの抱っこ紐の代理店として有名で、私もエルゴをダッドウェイさんから買ったことがあります。


(あと、調べてみたらベルギーの赤ちゃん洋品店でもよく見かけるSkip HOPもとり扱っててそうだったのか…!って今なっています)



今は、そのエルゴの抱っこ紐も新しいシリーズや限定モデルが出て羨ましい限り!
このキリンの奴いいなぁと思いました。
2016-12-30-20-27-15
他にも子ども用の三輪車(親が持てるとってつき)のヤツも三段階ぐらいチェンジして長く使えるようになっていたり
その進化の仕方がめちゃ速いなぁと思う次第です。


こんなに子育てグッズが進化するなら、自分の娘たちが赤ちゃんを産む頃にはどうなってるんやろう?
絶対想像のナナメ上をいくやろうし、だったらきっと娘の子育てとか、グッズに関するあれこれとか口に出さん方がええんやろうなぁ…なんて想像してしまいます。




雑誌の名前もかわいい!
daccoはだっこですよね。
dacco me(ダッコ ミー)は「私をだっこして!」。

そう言われてみたらダッドウェイも「父の道」…「パパ道!」
こういう商品を扱っているなら「ママ」とつきそうなところを、あえて(?)だからこそ(?)「ダッド」とつけているのがなんともイイ!

そんなダッドウェイさんが作るdacco  meという雑誌の一部を担うことができて本当に光栄です

編集さんもわざわざ見本誌をベルギーまで送ってくださってありがとうございます
記念になりました〜〜

そんなdacco meは全国にあるダッドウェイ直営店や、各ショッピングモールなどで配布されているそうです!
もし、見かけられましたら、是非手にとってご覧くださいませ〜
















ついでに忘備録としてエルゴの他に子育てにさいし買ったもので「買って良かった!」と思うものを蛇足で付け加えたいと思います。





まずはデジタル一眼レフ。略してデジイチ。
デジイチも私が買った時よりかなり進化してる…!

あと、コンパクトでおしゃれなデジイチとかも出てきて羨ましいです。

最近は体力が衰えてきたので思いデジイチは持ち運ばなくなってしまいました。
しかし、新生児のあの瞬間をとてもキレイに撮れたことは本当に良かったと思っています。



次は「厚手」のおしりふき!
しかもほぼ水のもの。
お手拭きやお口ふきにももちろん、おもちゃを落としてしまった時にさっと拭いたり、赤ちゃん用のイスが汚い時などサッと拭けて子どもが触ってもいいように出来るのがかなり快適で…!


母乳パッドもベルギーではいいものが売っていなかったので、日本でたくさん買って大事に大事に使っていました。アカチャンホンポのセルフブランドシリーズはお値段も安めでかつクオリティも高いのでその頃の私にとってはなくてはならない存在でした。









そしてアップリカのベビーカー!
軽量のものは場所をとらなくてすごく良かったです。
スティックの方は中距離を歩くのに向いていて、私はこれを車に積んでパリのディズニーに行きました。
股関節痛があるので子どもが大きくなってもベビーカーは意外と使いますね。荷物乗せるのだけでもだいぶ違います。


そしてさとうの育児 といえばiPadです。
今買うとしたらminiでしょうか。子どもも持ちやすいです。
私にとってはなくてはならないものです。もちろん知育教材として。
頑丈なケースに入れて厳選したアプリと映画を入れて子どもとどこでも勉強ができます。


しかし、「ハハオヤの孤独を埋めてくれる」という定義でなら…

2016-12-31-09-07-13
iPhoneが一番かもしれません。
同意の方はクリックお願いします↑笑


一言ブログもぼちぼち更新中↓
JPEGイメージ-614ABECA03BB-1